家づくりのご相談はこちらへ facebook instagram

Life design Laboratory Blog

社名変更のお知らせ

 

皆様のおかげで10周年を迎えることができました。

 

いただけるお仕事の内容がすこしづつ変わってきたこと、

これから行っていくことを合わせ、

4月26日付けで株式会社ライフデザインラボラトリーは

kiten株式会社に社名変更致しました。

 

つくること    つなぐこと    つむぐこと

点をつくり    点と点をつなぎ  線と線をつむぎ

縁(en)で活動を広げていく。

kiten.life

 

kiten株式会社 代表取締役 北山義之

 

 



-賃貸- 佐助の貸家

category : 賃貸物件/鎌倉 - at 2016.05.23

こんにちは。

中西です。

 

鎌倉は佐助におもしろい物件が出ました。

「DIYでリノベーション」

ができてしまう物件です。

 

鎌倉駅から徒歩15分。

メインの道路から一本裏手に入った閑静な住宅街にあるこちらの物件は、

とにかく静かです。

物件の裏手は山になるので、鳥や木々のさえずりが聞こえます。

 

もともと、住居用だった平屋を前居住者様がリノベーション。

現在は、少しSOHO的な要素がありますが、これからお住まい頂く借主様も自由にリノベーション可能です。

南側にはお庭もあり、子供やペットが十分に走り回れる広さがあります。

 

リノベーションしたい!

しかも鎌倉で!

という方。

お待ちしております。

詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

佐助の平屋



こんにちは。

中西です。

 

今回はかなり耳寄りな賃貸物件情報をお送り致します。

 「海LOVE!」

 な家。

 

マリンスポーツが好きな方。

海で黄昏れるのが好きな方。

とりあえず、海が好き。

そんな方々にオススメです!!!!

(なぜなら海まで30秒ですから。)

 

最寄り駅はJR横須賀線「鎌倉」駅。こちらからは歩いて約25分。

歩くのはちょっと、、、という方、バスもあります。京急バス「飯島」バス停より徒歩1分。

 

1階はお店が入っていますので、お住まいは2階。海がバッチリ見えます。

バルコニーも少し広めなので、テーブルとチェアを置いて、ステキなお食事が頂けますよ。

 

こちらの物件、とにかく一度ご内覧ください。

気に入るコト、間違いなしです!!

 

(リビングからの眺め)

詳細はこちら↓↓↓↓↓↓

材木座 貸家



ワークショップvol.4「無垢の木を使ってトレカケースや貯金箱をじいじとつくろう」

今回は3パターンのワークショップを行います。

日時 12月19日から25日

場所 ノア鎌倉ビル1F 神奈川県鎌倉市御成町12-8

 

19日から25日まで全日開催、随時OK 各日10組で終了です。

制作物は
(1)お子様自作向け(未就学、小学校低学年超簡単 30分)
森の貯金箱
のこぎりカナヅチなど一切使わず、速乾ボンドで組み立て。

(2)親子自作向け(初級者用 小学生60分)
小物入れ(テッシュケースの大きさ)
カナヅチ使用

(3)親子自作(熱心お父さん、おじいちゃん 150分)
トレカケース 
のこぎり+カナヅチ使うボンド併用真鍮飾り釘
二枚組、目地合わせ、穴埋め

 

葉祥明さんの「森が海をつくる」の絵本の読み聞かせ、販売も行います。

前回出場の馬場貴海賀さんの即効アートも23日行います。

 



萬屋本店

category : つくること/つなぐこと - at 2015.12.06

萬屋本店

弊社にて設計、改築を行っている萬屋本店。

クライアントのお父様のご協力、元々萬屋本店の出入りの三橋工務店さんのご協力のもと、

無事増築部分の上棟が終わりました。

伝統工法。

躯体が美しい。

萬屋本店のホームページです。

http://www.yorozuya-kamakura.jp

 

 

 

 

 



Work Shop Vol3, 大工さんと一緒に 大工の道具箱をつくろう

先日行わせていただいたWork Shopのご報告です。

 

今回は鎌倉駅前のノアビルさんの1Fをオーナー様のご好意でお借りしました。

この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

 

まずはいつものように、参加したみなさまの自己紹介から、、

今回は屋久島が生んだ書家、

笑顔配筆人(奇遇にも弊社のスローガン We Are Smile Builderと同じ意味です。)

馬場 貴海賀さん

ババ キミカさん(ちなみに本名とのこと、素敵な名前です)の作品展、

作った道具箱に即興アートを行います。

馬場さんは筆一つでスーパーカブ(50ccのバイク)で日本一周、

その後はヨーロッパとアジアをまわってきたそうです。

fecebookみてください↓

https://www.facebook.com/babakimika

馬場さんも是非やってみたいということで参加者の一人に、

 

 

まずは木村大工のお話から

 尺の差し金(矩尺)の使い方、木に鉛筆で線を引きノコギリで切る。

鉛筆の線の右端を切るか、真ん中を切るか、左端を切るかにより仕上がりの精度が変わる。

すごくかんたんな事だけどすごく大事な事。

 

今回の材料はなんと楠(仏像を彫る木)です。

作業が進んでいくと樟脳の香りが部屋中に充満します。

みなさんもご存知の香料、防虫剤等に使われるものです。

原料は楠なんですね。

 

まずはノコギリを使って箱を作ります。

矩尺つかって矩(直角)になっているか確認しながら組んでいきます。

これが簡単そうでなかなか難しく箱が出来た頃は終了予定の15:00頃。

 

ここで少し休憩をいれていよいよ蓋つくりです。

今回は「やりくり式」と呼ばれる左右にスライドして開閉する蓋が特徴の木箱なので、

難しい部分です。

まず蓋にする板の調整を鉋でおこないます。

そして把っ手の位置決め、これでうまく閉まるかが決まります。

口で言うのは簡単ですが、中々うまくいきません。

 

完成した方から馬場さんによる即興アート。

皆さん目をみて感じた馬場さんの言葉が美しい文字になっていきます。

中には喜寿のお祝いのプレゼントの方も!

いただいた方は幸せですね。

 

そして最後に記念撮影。

 

次回の予定も決まり次第アップします。

 



WORK SHOP vol.3

「宮大工と一緒に大工の道具箱をつくろう」を行います。

大工さんの道具箱とは「やりくり式」と呼ばれる左右にスライドして開閉する蓋が特徴の木箱です。

昔は大工がおのおのの道具に合わせて自作していたそう。

古くは鎌倉時代の絵巻物に描かれていたり、古典落語等にも登場します。

大工道具に限らず、食品のストックや、おもちゃ等、みなさんおのおのの為に最適な箱を作ってみませんか。

 

同時開催 馬場貴海氏による 作品展+即効アート

 

日時 10月25日 日曜日 13:00〜15:00

場所 鎌倉市御成町12−8 ノア鎌倉ビル1F

定員 10名

参加費 3,000円(材料費、税込み)

予約窓口 株式会社ライフデザインラボラトリー 北山 0467−22−5111

 

 

 

 



こんにちは。

沖縄は梅雨が明けたそうです!!

去年よりも15日も早いそうです!!

 

今年もまたエルニーニョの影響で変なお天気が続くと、

某番組のお天気お兄さんが言っていました。

ここ数年、水害が続いています。

今年は安定したお天気で夏を過ごしたいものです。

 

さて。

ワークショップの再度お知らせを致します。

“宮大工さんと一緒に杉の無垢材でプランターを作ろう”

日にち:6月21日 日曜日

時間:13時30分〜16時

参加費用:2000円(材料、消費税込み)

定員:10名 (定員になり次第受付終了となります。ご了承ください)

会場:古民家カルチャーハウス「蕾の家」

http://www.viajes-jp.com/tubomi.html

 

 

皆さんのお庭やお部屋の植物達は元気ですか??

春の気持ちのよい気候のおかげでぐんぐん成長していませんか??

窮屈なプランターでは、根っこが絡まり、十分に栄養を運ぶことができず、元気がなくなってしまいます。

 

植物達は、プランターのサイズを一回り大きくしてやると、さらにぐんぐん成長します。

もしくは、別のプランターに株分けしてやると、それぞれが余裕をもって成長できます。

人も植物も、心地よい環境で成長することがとても大事なんですね。

 

現在、定員に空きがございます。

この機会に、是非オリジナルのプランターを手作りして、

かわいく(美味しく?)成長する植物達に新しいお家を作ってあげてください!!

 

※ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社ライフデザインラボラトリー

TEL:0467-22-5111

mail:info@lifedesign-laboratory.com

担当:キタヤマ / ナカニシ



こんにちは。

 

5月も終盤。

鎌倉はお天気も良く暑いぐらいですが、沖縄では梅雨入りが発表されました。

ということはもう今年が始まって半分が過ぎようとしているということです。

早いものですね。

雪が溶けて、蕾をつけて、花が咲いて、新芽がでて。

植物達もどんどん衣替えを行っています。

 

 

さて、6月7日(日) 6月21日(日) 

鎌倉市長谷の古民家カルチャーハウス「蕾の家」でワークショップ-Vol.2-を開催致します。

(※当方都合により 日程を変更致しました。ご了承ください。)

今回は

“宮大工さんと一緒に杉の無垢材でプランターを作ろう”

日にち:6月7日 6月21日 日曜日

時間:13時30分〜16時

参加費用:2000円(材料、消費税込み)

定員:10名 (定員になり次第受付終了となります。ご了承ください)

会場:古民家カルチャーハウス「蕾の家」

http://www.viajes-jp.com/tubomi.html

 

植物を身近に感じることは、四季や自然を身近に感じられるということ。

公園の植物も、庭の植物も、リビングの植物も、みんな他の生き物と同じように成長しています。

そんな植物のためのお部屋(プランター)づくりが今回のワークショップのテーマです。

 

ホームセンターに行けば、既製品のプランターはたくさんの種類が取り揃えられています。

でも、自分の想い通りの大きさや素材感ではなかったり。。。

せっかく作るプランターです。自由な発想で作りましょう!!

 

「オリジナル プランターづくり」をサポートしてくださるのが、宮大工である木村氏。

大工の伝統技術のお話を交えながら、道具の使い方・製作までをレクチャー頂きます。

また、後半は木づかいコーディネーターの小島氏をお招きし、

木にまつわる不思議な楽しいお話をしていただく予定です。

 

皆様のご参加心よりお待ちしております。

 

※ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社ライフデザインラボラトリー

TEL:0467-22-5111

mail:info@lifedesign-laboratory.com

担当:キタヤマ / ナカニシ

 



本日、江ノ島の海を見下ろす高台にオープンする

"cafe madu (カフェ マディ)" のレセプションパーティにお邪魔してきました。

 

青山に本店をかまえるこちらのカフェは、

「豊富なワインとフレンチベースの軽い食事が充実した

心地よい空間とサービスをお届けする

大人の為のカジュアルレストラン」

をコンセプトにした、ステキなお店です。

 

店内は木をベースにした大人カジュアルな雰囲気で、

照明もとてもシンプルで落ち着いた演出をされていました。

 

またテラス席からは江ノ島の海が一望できる何とも贅沢な空間です。

 

ゲストに振る舞われた食事は、どれもおいしかったのですが、

なかでも1号店からの人気メニューといわれる「maduカレー」がやはりおススメな気がします!

 

海を見ながら、日を浴びながら、鳥の鳴き声を聞きながら

おいしい料理とビールやワインなんて・・・

最高ですよね。

(今日は想像だけしておきました。笑)

 

さて、そんな素敵なパーティにご招待くださったのは

以前、弊社の1Fに店舗をかまえる「iichi ギャラリーショップ」さんで

個展をしていただいた“飯田淳”さんです。

ご縁があって、その後もお付き合いをさせていただいております。

今後もまた個展等を企画予定とのこと。楽しみですね。

 

こちらのカフェに飯田さんの作品も展示されております。

 

これからの季節、江ノ島散策に行かれる方は、

是非こちらの「cafe madu(カフェ マディ)」さんへ足を運んでみてください。

 

cafe madu

http://www.hakka-group.co.jp/index.php?Cafe%20Madu

江ノ島店-ブログ

http://hakka-onlineshop.jp/press_blog/

 

飯田 淳

http://www.jun-iida.com

 

※今回お店の写真を撮りそびれてしまいました。すみません。。

頂いたエコバックとオリジナルコーヒーのドリップバックはこんな感じです。

 

 



みなさん、こんにちは。

本日開催されたワークショップのレポートをお送り致します。

 

このところなかなかお天気が優れませんでしたが、今日は素晴らしいワークショップ日和でした。

(ご参加くださった皆様の日頃の行いのおかげでしょうか^^ありがとうございます!)

また、みなさま時間にぴったりいらっしゃってくださいましたので、スムーズにはじめることができました。

 

まずは、今回参加されたみなさま一人一人の自己紹介。

お互いの顔を合わせて少しだけでも話す事でコミュニケーションが取れると、

あっという間に距離が縮まります。

 

そんな和やかな雰囲気のまま、ワークショップスタートです。

 

今回まな板作りの講師にお招きしたのは、宮大工として活躍されている木村氏。

 

よく耳にする「のこぎり」「さしがね」「かんな」。

名前は知っているし、使い方も何となく知っています。

今回はその先の、大工さんの使い方を教えてくださいました。

のこぎりひとつとっても、たくさんの種類があり用途によって細かに使い分けるのですね。

お話を聞いて皆様深くうなずき、目から鱗なとても面白いお話でした。

 

その3つの工具を使って、いよいよ作業です。

「さしがねを使って線を引く」

「のこぎりを使って木を切る」

「カンナを使って表面を滑らかにする」

木村氏が簡単に行った作業も、いざやってみるとなかなか難しいようです。

こういうことを実体験することで、

「木を切る」たったその作業を大工さんはいかに丁寧に素早くやっているのかと

改めて実感することができますね。

 

 

さぁ、ここからが本番です。

 

材料の桐材は長方形。

これをどのような形にするのか、穴はあけるのか、等々。

みなさま思い思いにカットしてきます。

やはり十人十色。

大きさも形も本当に違って見ているこっちがワクワクしてしまいました。

 

皆さんで相談したり、助け合ったり、

大工さんに褒められたり!(うれしいですね!!)

 

仕上げは七輪で熱した焼き印で「お魚&お肉」「お野菜」のマークを表と裏に押し、

完成です!

 

最後に木使いコーディネーターの小島氏より

「木の表と裏、上と下」についてお話し頂きました。

こちらも何となく知っているようで、知らないお話し。

ワークショップの間七輪で密かに温められた朝採れタケノコを食しながら

温かな空気の中無事に終えることができました。

 

 

そんなこんなで出来上がったまな板は、

ただのまな板ではなく、それぞれの「作品」となります。

どんな形でも、もしも思ったようにできていなかったとしても、

自分の手で生み出した、削り出した、そこが大事だと思います。

使うたびに今日のことを思い出す。

使うたびに愛着がわいてくる。

少し痛んだら、捨てることなく自分でメンテナンスすることができる。

そうしてずーっと長く使えるんですね。

 

今回使った「木」というのは、まな板になった今でも生きています。

空気を吸ったり、水を吸ったり、乾いたり。

すべてを「木」で埋め尽くす必要は有りません。

でも、こういったところから取り入れることで

人工物にはない「香り」「丸み」「温かみ」を感じることができるのではないでしょうか。

 

今回ご参加くださったみなさま、お疲れさまでございました。

ご自分で作られた「まな板」。

是非、大事に大事に使ってください^^

 

木育ワークショップ、今後も企画予定です!

お楽しみに!!

ありがとうございました。



こんにちは。

3月も終盤にさしかかり、ちまたでは桜の開花情報も聞こえてきますね。

ここ最近の鎌倉は、暖かな陽気の日が続き、上着もいらない程の穏やかな日々が流れております。

 

さて、4月12日(日) 鎌倉市長谷の古民家カルチャーハウス「蕾の家」でワークショップを開催致します。

“桐(きり)のまな板を作ろう”

日にち:4月12日 日曜日

時間:13時30分〜16時

参加費用:3000円(材料、消費税込み)

定員:12名 (定員になり次第受付終了となります。ご了承ください)

会場:古民家カルチャーハウス「蕾の家」

http://www.viajes-jp.com/tubomi.html

 

今回のテーマは、「木育(もくいく)」です。

みなさま、木育ってご存知ですか?

簡単にご説明すると

 

“ゆたかな森林と木材にめぐまれた北海道生まれの言葉です。

それは、おとなもこどもも、すべての人が木を身近に使っていくことを通じて

人と自然がかかわりを考えられる、豊かな心を育むこと”

 

木とふれあい、木にまなび、木と生きる。

この3つのプロセスがとても大事なのですね。

 

現代は無機質で大量生産されたモノにあふれています。

でも、よくよく見渡してみると、自然だってまだまだたくさんあふれています。

 

今回のワークショップでは、日々使うまな板に自然を取り込もう大作戦なのです。

味気のないプラスチックで作られたまな板とはおさらばして、

少しいい木を使って、少しがんばって作って、少し大事にお手入れをする。

そうすることで愛着がわき、いつの間にか家族の一員になっています。

大事にするこころが培われるのですね。

 

前半は弊社の宮大工である木村氏より、大工道具の使い方から製作までをレクチャー頂きます。

後半は木づかいコーディネーターの小島氏をお招きし、木にまつわる不思議な楽しいお話をしていただく予定です。

 

皆様のご参加心よりお待ちしております。

 

※ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社ライフデザインラボラトリー

TEL:0467-22-5111

mail:info@lifedesign-laboratory.com

担当:キタヤマ / ナカニシ



極楽寺プロジェクトも佳境に入って参りました。

壁の下地も終わり、いよいよ塗装作業です。

お施主様自ら施工を行うこととなった漆喰。

本日はその下地となる「中塗り」という作業でした。

明日の「上塗り(仕上げ)」にも影響が出るので、丁寧に仕上げる必要があります。

左官屋さんの作業を見ているととても簡単そうですが、実際に行うのはなかなか勝手が違うようです。

宮大工の木村氏より指導を受けながら作業を行う姿は、

職人とお客様ではなく、師匠と弟子のように見えました。

朝から夕方まで、ご夫婦とお子様(応援)の3人で無事に作業を終えることができました。

 

でこぼこがあったり、塗りムラがあったり、すごくきれいなところがあったり。

そんな風合いもご家族が満足のできる壁であればすばらしい仕上がりだと思います。

 

いよいよ明日は仕上げです。

どんな風になるかとても楽しみですね。

お施主様、本日は本当におつかれさまでございました。



今回のお施主様は30代のご夫婦+お子様1人の3人家族。

たくさんの物件の中から巡り逢ったこちらの平屋は築50年。

お施主様が生まれる前から存在するこの建物は、

とても趣があり、佇まいはそれはそれは極楽寺にしっくりきます。

建物の良いところは残し、今の自分達らしさを融合していく。

それがリノベーションの醍醐味だと思います。

工期も間もなく折り返しとなりました。

宮大工である木村氏の匠の技術を織り込みながら、

和の心が最大限に生かされたステキな「家」ができるのが楽しみです。



あけましておめでとうございます。

鎌倉長谷で設計監理している住宅が完成に近づき、

お施主様のご厚意で1月17日と18日にオープンハウスを開催させていただくことになりました。

皆様のお越しをお待ちしております。